ベースにあるのは豊富なナレッジ

ベースにあるのは豊富なナレッジ

商品に関してのナレッジは豊富であること

スクリーンショット-2014-09-30-0.46

 

以前も書きました。
結果の出る人は上記の3要素のバランスがいい人です。

正しいマインドを持つこと、
高いスキルを身につけることだけは良い営業・販売担当にはなりません。
当然、ナレッジ=知識が必要です。

では必要なナレッジ、豊富に持っておくべきナレッジの順番を挙げておきましょう。

 

(1)自分が販売する商品のナレッジ
(2)相手の持っている背景についてのナレッジ
(3)競合や類似商品のナレッジ

 

(2)は、相手の意思決定に関わるバックグラウンドのことです。
対会社の方であれば、会社の規模や意思決定者、利益が出ているかそうでないかといったことです。
対個人の方であれば、その人の年代層や着ている服装、好みなどです。
そういったことを前もって調べておくとか、その人たちの状況をニュースで集めるなどしておくことが必要です。
それがナレッジになります。

 

そして、競合や類似商品のナレッジは3番目にしてあります。
順番が違うのではないかと思う方もいらっしゃるかと思いますが、
その商品の内容が良くて、相手の課題や状況にぴったりであれば
正確に言うとぴったりだと思ってもらうことができれば、競合や類似商品は関係なくなるのです。

正しいマインド、高いスキルは人から学ぶことができますが、
豊富なナレッジだけは自分で用意しなければなりません。

 

勉強が必要ですね。

—————————
★株式会社ユニイク | 誰もが誰かに喜ばれる世界をつくる会社
http://uniek-jp.com/
★お祝い事で社会貢献をしよう
http://uniek-jp.com/140928/
—————————