資格試験のための勉強の習慣化する2つの方法

資格試験のための勉強の習慣化する2つの方法

 

(1)時間を決める

[dt_code]
仕事や家事が忙しくまとまった時間を取らなければと思い、なかなか重い腰を上げることが出来ませんでした。
すきま時間を使ってと思いながらも、テキストや文房具を広げているうちに時間も経ってしまう状況で、半ば諦めてしまっていました。そこで「毎日同じ時間にやる」を徹底しました。
[/dt_code]

 

(2)隙間時間を使う

[dt_code]
例えば、通勤電車の中ではテキストを読む。お昼ご飯を終えてからの10分間は過去問題を解く。そしてお風呂上がりの30分は苦手科目の復習。というように、時間が出来た時に何をしよう?と考える必要のないように、その時に何をするのかを決めて淡々と毎日こなしていくと、徐々に基本が身について来たのを感じたので、より一層勉強に時間を割くというモチベーションの向上に繋がりました。
[/dt_code]
(40代・男性より)

 

「さあやるぞ!」とった「感情」でモチベーションを維持しようとせず、淡々とルール、ルーチンワークのように行って行くことが、習慣化の最重要なポイントということなんでしょうね。