ギブアンドテイクはどちらが先か

ギブアンドテイクはどちらが先か

 

誰も振り向いてくれないのはなぜか

 
突然ですが、「ありがとう協会」という活動を行っています。
 
 
ありがとう協会とは、
http://arigatou-jp.com/about/
小さい声でもいいから「ありがとう」と声に出して言ってみる人を応援する、こちらもシャイな応援団なのです。
 
 
その活動の中で、
「日本に来てくれている外国人にありがとうを言いに行こう!」
という企画を行いました。
 
羽田空港の到着ロビーに行き、
外国人を見つけては「Welcome To Japan!」と言いながら手を挙げ、
ハイタッチを仕掛けにいったわけです。
 
 
結果は、、、、
 
 
誰ひとりとしてハイタッチしてくれませんでした。。。
 
 
すごく寂しかった。。。
 
 
反省し、今度は浅草浅草寺に行きました。
 
同じく「日本に来てくれている外国人にありがとうを言いに行」ったわけなんですが、今度は成功しました
 
 
何をしたか。
 
 
最初に「写真を撮ってあげますよ!」と声をかけたのです。
相手は喜んでカメラを渡してくれました。
そして、「Welcome To Japan!」を告げ、日本の折り紙を渡して、一緒に写真まで撮りました。
 
 
やりたいことが実現できたのです。
 
 
 

テイクアンドギブでもない

 
何が言いたいかというと、
私たちはいいことをやっているつもりで自信満々でハイタッチをしに行ったわけですが、羽田空港では、
 
 
「ハイタッチを、くれ!」
 
 
って、いう態度だったわけです。
 
ギブアンドテイク関係において「TAKE!TAKE!」って言ってたんです。
 
 
一方、浅草寺ではどうだったかというと、
「GIVEしますよ!」という態度だったわけです。
だから相手が受け入れてくれた。
 
 
こんな簡単なことでも、こうなんです。
営業行為だったら、なおさらですよね。
 
 

 
 
「TAKE!TAKE!」「買って!買って!」と言っている場合が多いと思うのです。
 
そしてこう文句を言うのです。
 
 
「いいものを売っているのに、買ってくれない!」
 
 
順番が、テイクアンドギブになっているんですよね。
 
 
 
必要なのはギブアンドテイクでもなく、ギブアンドギブです。
 
 
 

何をギブするのか

 
店舗運営において何がGIVEできるでしょうか。
それを目一杯お客様に対して、ぶつけてみて欲しいです。
 

★GIVEできるもの一覧

(1)こちらの苦痛を伴わないもの

・商品の情報
・商品にまつわるストーリー
・商品の特性を伝える情報
 
(2)こちらの苦痛を伴うもの

・お値下げ
・抱き合わせサービスの提供
・手数料負担
 
 
この2種類がありますね。
 
 
まず売り手としてどちらを選ぶかは自明のことと思いますが、ここからが大事。
 
「商品の情報」は、
 
・お客様がどう使うと役に立つのかの情報
・お客様がいつ使うと役に立つのかの情報
・お客様が誰のために使うと役に立つのかの情報
 
でないと意味がないのです。
 
 
自分がどんなに良い商品を売っているとしても、相手にとってどうなのか?が分からないと、お客様が判断のしようがないのです。
 
 
 
この最後の3つは、意外とできていない営業さんが多いです。
 
なぜか。
 
 
 
お客さんを見ていないからです。
 
私が、羽田空港で、「ハイタッチを、くれ!」と言っていたときと同じで、”自分が”欲しいものを手に入れようとしていたのです。
 
 
手にするのは、お客様。
”お客様が”手に入れたときに喜んでくれるようにその商品の表現をする「GIVE」をつくってみて下さい。
 
 
タダですから(笑)。
 
 
—————————
★株式会社ユニイク | 誰もが誰かに喜ばれる世界をつくる会社
http://uniek-jp.com/
★お祝い事で社会貢献をしよう
http://uniek-jp.com/140928/
—————————