アンソニーロビンスの名言 優れたリーダーが持つ3つの要素

アンソニーロビンスの名言 優れたリーダーが持つ3つの要素

優れたリーダーが持つ3つの要素

 

 
アンソニーロビンスのセミナーでの内容です。
自分自身の人生のリーダーとなるために必要な条件が語られています。

 

私は人生の四半世紀をかけて世界で最も成功している人々や、最もチャレンジしている人々について研究してきました。

そして変化を起こす何かの方法は何か?ということについて明らかにすることが出来ました。

成功者に共通して習得していることがひとつあります。

彼らがリーダーだということです。
これはリーダーシッププログラムです。

あなたがいまどういうスタイルなのかは関係ない。母親であってもおばあちゃんであっても、関係ないのです。

これはいま私が夢中になって人生を通して追求していることです。

「人々の人生を変えるのは何か?」

リーダーという資質があっても、必ずしも誰かがあなたに従うということではないですよね。
リーダー、もしくは、自分の人生を好きなように生きている人というのは、決して、自分自身に落ちつくこと、シェアすること、与えること、創造することに落ち着くということではないのです。

何かを手にして幸せになるのではなく、どのような人になるのかということが、みんなを幸せにするのです。

私たちがどのように生きるのか。
私たちがどういう人間になるのか。

他人は私たちから多くのものを奪うことは出来ますが、どういう人間になるのかは奪うことはできないのです。

問題なのは多くの人は、「本来の自分ではない自分」になろうとしていることなのです。

大切なのは自分を変えることではありません。
変化は、あなたがあなた自身であるときにこそ訪れるものなのです。

「汝自身を知れ」(Know Thyself)。
これは多くの人にとって最も難しい部分です。

そして、「己でいる」。(Be Thyself)

 
 

充足感のない成功は、失敗だ。

私たちの多くは、尊敬を得たり、達成願望があったり、愛やつながりを得たいがために、
愛されたくて尊敬されたくて感謝されたくて、
「こうしなくてはならない!」と思うやり方で一生懸命生きてきたと思うのです。無意識のうちにずっと何かを追い求めてきたはずです。

そのようなことをずっとやってきて、充足感のない成功は失敗だと思っているから、「これこそが自分なんだ!」と思うのです。

今まで数えきれないほどの人々とワークをしてきました。世界中のトップと言われ、使い切れないほどのお金を稼ぎ、人々から愛され、尊敬されている人々ですが、内面は不幸でした。

もしあなたが、本当の自分とはどのような人間かを知りたいのであれば、まさに自分の人生を生きているという感覚があるときが、本当の自分なのです。

自分の生き方を貫いているような人は、自分自分がどのような人間なのかなどは分かっていると思うかもしれません。

それを誰でも見極める方法があるのです。
それは、あなたが嬉しくて、強くて、無限の力を感じ、自由を感じているときです。

私は今までに80カ国300万人以上の人々を見てきました。色々見てきましたが、パターンだけでもともてたくさんあります。
ですが、あらゆる言動の根底には、みんな同じニーズを持っているのだと言うことが分かるのです。

人間が持っている6つのニーズというものがあります。
これらのニーズがどのようなものか理解した上で、その中のどれにあなたがフォーカスするのかが分かれば、なぜ自分やそして人々みんながクレイジーなことをやっているのかが分かってきます。

「もしかしたら私のニーズを満たすにはもっと良い方法があるのかもしれない。」
「それに、このストレス、不満、怒りのゲームにとらわれる必要はないはずだし、本当に何が起こっているのかが分かる」
「自分の大切な人を実際に助けられるかもしれない」
などということが分かってきます。

リーダーとして達成したいことの一部として、心理学者になりたいと思う人もいるでしょう。「現実に何が起こっているか理解したいし、それが分かれば誰かを助けることも出来るはずだし、状況を良くすることで何かを変えることだってできるかもしれない、そして、もちろんビジネスでもっと成功することは可能なはずだ」と。
人々が何を望んでいるのか分かれば分かるほど、良いマネージャー、母親、父親、友人、そしてより良い自分になれるはずです。

一体何が推進力になっているのかさえ分かれば、そのようなことも有り得るのです。

多くの人は同じパターンを何度も何度も繰り返しているのです。
もうそれはやめなければ!
解放するためにはパターンを壊さなければならないです。これまでと違うことをしなくてはならないのです。

私がいまここにいるのは、ポジティブに考えることがベストだという信念によるものではありません。もし私のことをポジティブだと思っているのならそれは全く違います。

私があなたたちが自分の庭を見て「雑草がない」と繰り返し言うような人たちだとは思っていません。雑草はすぐそこにあるじゃないですか。そうですよね。

もし皆さんが本当に影響を及ぼすような人になりたいなら、真実を言わなければならないのです。

 
 

優れたリーダーが持つ3つの要素

    あるがままに見る(See it as it is)
    現状をより良く思い描くこと(See it better than it is)
    今より良い方法を新たな基準にして行動する(Make it the way you see it)

優れたリーダーが持つ3つの要素というものがあります。
この3つはもしかしたら私が信じている全てのことの基礎となることかもしれません。
皆さんがこの3つの中で自分の人生に活用出来ることを見つけれくれると嬉しいです。
本当に基礎的なことです。

1つ目は、
「ただポジティブになるだけではない」ということです。
皆さんが人生の素晴らしいリーダーになるための最初の秘訣は、「あるがままに見る(See it as it is)」ことです。

例えば、皆さんがいまいる不幸な場所から抜け出したいと思っているとして、充分な力がなくて
体が行きたいところに行けない、とか。それがリーダーシップなのです。

ビジネスを変えたいのもリーダーシップ。
あなたの収入もリーダーシップ。
子どもの助けたいのもリーダーシップ。

もしあなたがリーダーになるなら、その最初のステップは、あるがままに見て、真実を話すことです。ありのままを話すのです。

挑戦しない言い訳のために実際よりも悪く言うのはダメです。

勇気がいるのは、自分自身を危険にさらすことなのです。「これをやってみせる!」とか「たとえ失望されたりがっかりされることが分かっていても私は信じる!」ということには勇気がいります。

しかし、失望は使い方次第では良い感情なのです。

「あるがままに見る(See it as it is)」ことは大切なことです。
ただ、本質はそこではありません。

ビジョンを持つことです。

ステップ2は、
現状をより良く思い描くこと(See it better than it is)です。

物事をありのまま見るためには正直でなければなりません。私を含む全ての人が、改善すべき課題を持ってないことなどありません。
そのような人生とはどのようなものかを理解し、他人がどう思うかに関係なく、自分自身に真実を伝えることが出来れば、それは変化を起こすチャンスを得たということです。

シュワルツコフから学んだことがあります。
私は彼とかなりの時間をともに過ごすチャンスがあったのですが、彼は私にこう言ったのです。

「アンソニー、君にリーダーシップの秘訣を教えてあげよう。この秘訣はどんなグループに所属していようとも、個人であっても、人生で通用する秘訣だ。どんな組織でも、個人でも、何かがおかしいと認めることが出来るまでは、今の状態より良くすることは出来ない。」と。

何が問題なのかというと、
誰も物事が悪くなうことを望んでいないからこそ、もっと上手にやっている人たちと自分を比べて、とてもいい気分に浸るのです。

つまり彼は、基準を引き上げたのです。ステップ2に進んだということです。ステップ2では実際よりも良く見ることが重要で、それをあなたの基準に設定して欲しいわけです。

ここで言う基準というのは、あなたが頑張らなくても到達出来るレベルのことです。それは目標ではありません。なんであれあなたが無理なくたどり着くところのことです。
そこへ行く道がない場合、それをリーダーがつくるのです。

皆さんにとって「すべき」と「しなくてはならない」の違いはありますか?
これらには違いがあることを覚えておいてほしいと思います。

「しなくてはならない」が基準なら、あなたはそれを実現する方法を見つけられるでしょう。

最後3つ目のポイントです。
今より良い方法を見つけたら、それを新たな基準にして行動するということです(Make it the way you see it)。

たくさん行動をしなければならない、選択肢が多くなければならない、自分が望むように物事をやり遂げる方法を見つけなければならないのです。

まずやることは、どのくらい準備ができているのかを明確にすることです。

本当のところ、あなたの人間関係はどうなっているのか。健康はどうなのか。仕事はどうなのか。家の経済状況はどうなのか。

いまここにいる皆さんを見てみると、みんな違う人間です。ここには違った性別、人種、宗教、信念を持っている人間が集まっています。
ただ、ひとつだけ、共通していることは、現状維持に満足していないということです。

自分はもっと多くを求められているからここに来たという人はどれくらいいますか?
求めていることはなんでしょうか、何のためにここに来たのでしょうか。
より多くのエネルギーが必要かもしれないし、フォーカスかもしれないし、決意、自信、確信、愛、成功、楽しさ、本来あるべき健康、生き生きとした精神かもしれません。それらが何にせよ私が言えることは、「あなたが求めていると思っていたことは実は違う」ということなのです。

皆さんにそれを手に入れることができないと言っているのではありません。
でも、皆さんがここに持ってきたもの、そして、この会場を出る時にあなたが持っていくもの、それはあなたが思っていた以上になるもののはずです。約束します。

 
 

私たちを幸せする成長

 

何が私たちを幸せにするか知りたいですか?

成長(Progress)です。

それだけです。
皆さんが何を成し遂げようとしているかは関係ありません。成長しているという感覚、貢献しているという感覚がなければ、体内や心の中で、人のとの関係の中で、ビジネスの中で、少しでも成長していると感じなければ意味がないのです。

成長していると感じられないなら、幸せになんてなれません。

他人と比べて自分の人生がどれくらいビッグかなんて、そんなことはどうでもよいことなのです。

成長はゲームであり、生きているものです。
私たちが生きているなら間違いなくそうです。

 
 

リーダーに必要な要素の3つ目、
今より良い方法を見つけたら、それを新たな基準にして行動するということです(Make it the way you see it)
これが実はとても重要ですね。ただ動けばいいというものではないですね。
 






 
—————————
★株式会社ユニイク | 誰もが誰かに喜ばれる世界をつくる会社
http://uniek-jp.com/
★お祝い事で社会貢献をしよう
http://uniek-jp.com/140928
—————————