AEFA アジア教育友好協会

AEFA アジア教育友好協会

 

アジア教育友好協会

 

[dt_code]
AEFA(アジア教育友好協会)っていう認定NPO法人がありまして、私はこれから一緒に仕事をしていくことになると思うんですが、理事長の谷川さんが心底素晴らしい日本人なので、伝えたくて。

谷川さんは1948年当時小学生のとき福井大地震に見舞われました。でも家の太い大黒柱が守ってくれてわずかな隙間でお兄さんと2人で生き残ったんですね。その後お兄さんと「自分たちが生き残ったのには何か意味があるはずだ」と話し合い、それぞれがお医者さんになり商社の丸紅に入り、それぞれの道で活躍されてきました。

そして谷川さんは60歳で丸紅を引退、その後のたった10年でベトナムになんと128校!(ラオス・タイを入れるとそれ以上!)の学校を建てては、保守管理をしてきたんです。しかも、都市部じゃないんです。50を超える少数民族の地域で、教育が行き届かなくてベトナム語も話せないような村々です。

実際に見てきましたが、あの有名なワ○ルドビジョンさんがお金出して建てた校舎と、人の育成、地域社会の巻き込みも含めて保守管理をきちんとしてきたAEFA(アジア教育友好協会)さんが造った校舎は、老朽化や状態がまるで別物でした。本当に。ただお金出したって意味がないんですね。それこそただの「箱」になっちまう。

小学生の時に抱いた想いをずーっと持っていて、意義ある大きなことのために、60歳からスタートして、128校、卒業生も含めると2万人以上のこどもの教育に多大なる影響を与えている方なんです。

いわゆるそれっぽいこどもたちの笑顔の写真や、キャンペーンはたくさんあると思います。それもいいと思います。役に立ってるから。

でも、実際に現地に毎年行って、地元の行政と交渉して、地域の人を巻き込んで、泥と埃の上を歩いている人たちの迫力って、違いませんか?

谷川さんはじめ、AEFA(アジア教育友好協会)の方々と出会えたことに感謝するとともに、こうした方々の活動をもっともっと日本中の人に知ってもらいたいなあと思います。

[/dt_code]

今日は以上です。

 



 
—————————
★株式会社ユニイク | 誰もが誰かに喜ばれる世界をつくる会社
http://uniek-jp.com/
★お祝い事で社会貢献をしよう
http://uniek-jp.com/140928
—————————