読み聞かせ絵本 こんとあき

読み聞かせ絵本 こんとあき

 

何歳向けにオススメか

[dt_code]
4歳から小学校低学年
[/dt_code]

 

著者

[dt_code]
林明子
[/dt_code]

 
 

どんな種類の絵本か

[dt_code]
どうぶつ
ぼうけん
家族・生活・友達
[/dt_code]

 

簡単なあらずじ

[dt_code]
おばあちゃんが作ったきつねのぬいぐるみ『こん』は、あきが赤ちゃんの頃からずっと一緒。あきが大きくなっていくにつれてこんも古くなっていきました。ある日こんの腕がほころんでしまったので、なおしてもらいにおばあちゃんの家まで「こんとあき」が大冒険をします。こんとあきは、無事におばあちゃんの家までたどり着けるのでしょうか…?
[/dt_code]

 

読んだらどんな力がつくか、学びがあるか

[dt_code]
感情表現が豊かになる
イメージ力がつく
思いやりが持てる
感情が理解できるようになる
勇気がつく
失敗をおそれなくなる

[/dt_code]

 

どんな人生の示唆、学び、深い思想などが感じられるか

[dt_code]
こんとあきの大冒険は、子どもが読むのはもちろん、大人が読んでもハラハラドキドキと面白い作品だと思います。おばあちゃんの家に行く途中でこんとあきにさまざまなハプニングがあるのですが、その中でこんが野良犬に襲われてしまうシーンがあります。ここでは、ボロボロになったこんをあきが心配するのですが「だいじょうぶだいじょうぶ」といいます。ここできっと読んでいる側は「本当は痛いかもしれないのに心配させないために言っているのかな?」など相手の気持ちを考えられるようになると思います。本当にそう思ったのかというのは書かれていませんが、こんとあきが助け合いながら冒険していくストーリーは読む側に勇気や優しい心を届けてくれると思います。

[/dt_code]

 
今日は以上です。

—————————
★株式会社ユニイク | 誰もが誰かに喜ばれる世界をつくる会社
http://uniek-jp.com/
★お祝い事で社会貢献をしよう
http://uniek-jp.com/140928/
—————————