営業の悩み 大手生鮮食品店

営業の悩み 大手生鮮食品店の場合

 

年齢と性別を教えて下さい。

[dt_code]
40代・男性
[/dt_code]

 

何の営業・販売をしていますか?

[dt_code]
食肉
[/dt_code]

 
 

何について悩みましたか?

[dt_code]
上司との関係
部下との関係
目標が高すぎる
良くない商品を売っていた
[/dt_code]

 

どんな状況について悩みましたか?

[dt_code]
大手の量販店にて、販売員として活動していた時期がありましたが悩みには大きくは3つありました。1つ目は売り上げの目標です。顧客を店舗で待つ立場なのである程度の客数や販売実績がありながら考えられないような予算編成が組まれていたことには腹正しさがありました。そしてその予算を達成すべく在庫も抱えることになりますが、売れなかった時の在庫の処理に常に悩まされました。2つ目は人間関係です。特に量販店でのアルバイトやパートの質の低さは感じずにはいられませんでした。単純に言えば、食べ物を扱う職場にいながら手を洗わないなどひどいものでした。責任感が薄くすぐ辞めてしまったり、休んだりその為に自身が休みでも出勤せざるをえない場合もありました。3つ目は良くない商品を売っていたということです。色々売り場に対する考えを責任者の裁量に任せてもらえると思っていましたが、ほとんど本部のマニュアルのようなものがベースの為面白味はありませんでした。
[/dt_code]

 

アドバイス

[dt_code]
営業(販売)職に従事する人の多くの悩みが「会社のやっていることに納得できない」という点です。
特に、「利益ばかりを追求してお客様の目線に立っていない」という、お客様と毎日リアルに接点を持っているからこその問題意識の芽生えがその最も大きな理由になっているかと思います。
 
その考えに至るまでには様々な原因があると思いますが、ここでは言及しません。
ただ、仕事自体を変えるかどうか、の選択肢は考慮に入れてもいいかとは思います。
 
大手企業であればあるほど、外から見ていたものとのギャップがあるはずです。
入ってみないと表からでは分からなことが、自分の理想としているものとかけ離れていて、
場合によってはそれは「杜撰」に見えたり「倫理観が欠如している」と感じたり、「無計画で途方もない目標設定」に嘆くことになります。
 
 
ただ、その中でもまずいまこの瞬間できることをやり遂げることが大事だと、私も思いますし、活躍している先人たちは皆そう言います。
改善への努力は惜しまないことですね。
例えば、売上予算から販売まで計画を練るとか、数字とデータを駆使し達成できなかった時の反省はするとか、紙面やデータで明確に残して言語化してみる、とか。
人間関係の構築も工夫してみていいと思います。ミーティングを増やす、これまで開催したこともない食事会を企画してみるとか。
また、小売店であれば、売り場のアイデアも色々出し実行してみるといった楽しむ工夫をやってみるのがとても良いと思います。
 
 
仕事に対して悩む、改善に取り組むことは大切であると思いますが、一歩引いて仕事自体が本当に社会の為になるのか、自分は間違ったことをやっていないか客観的に見つめなおす機会を得ることも重要であると思います。
 

[/dt_code]

 
今日は以上です。
 



 
—————————
★株式会社ユニイク | 誰もが誰かに喜ばれる世界をつくる会社
http://uniek-jp.com/
★お祝い事で社会貢献をしよう
http://uniek-jp.com/140928
—————————