良い営業になるための5つのステップ

良い営業になるための5つのステップ

 
 

私自身が経験した「良い営業(販売)担当者になる5つのステップ」です。

——

(1)デキる営業マンになろう!と思う。
⇒自分の目指す姿だけ見えている。自分への矢印しか見えてない「クレクレ君」になる。

(2)イイモノを持ってきてくる人だと思ってもらおう!と思う。
⇒くれくれだけではダメだと気づき、相手に喜んでもらうために媚びてみる「コビー君」になる。

(3)助けてくれる人だと思ってもらおう!と思う。
⇒相手の困っていることが見えてきてその悩みを助けるための提案が出来るようになる「ヘルプ君」になる。

(4)その人(企業)にとってなくてはならない人だと思ってもらおう!と思う。
⇒相手の悩みを多岐に渡って聞き出し、必要なソリューションを自分で探し解決出来る「ソリュー君」になる。

(5)その人(企業)の人生にとって大事な人になろう!と思う。
⇒数々の問題を乗り越えたことで関係性が盤石となり立場を超えて人対人として長年付き合っていく「パートナー君」になる。

——

本屋の営業コーナーに行くとクロージングの仕方、ツール、ロープレものといったスキルアップ本が多いと感じます。確かに必要なんですが、私の場合だと、成果が劇的に変わったのはマインドの変化によってだったんです。きっとマインドが変わると【態度】と【発する言葉】が変わってくるからでしょうか。