感謝することは難しい

感謝することは難しい

 
 

感謝することって、
当たり前そうで簡単そうで、実はとても難しい。
 
 

すごいちっちゃい話なんですけどね、
 
とても感謝している人がいて
「ありがとう」って思っていたのに、言えなかった。
たくさんあったのに。
 
何もかもを当たり前だと思ってて、
思った瞬間(とき)に「ありがとう」の5文字が言えなかった。
 
 
言ってれば、何か変わっていたかもしれないのに。
後悔なんてしなくて良かったかもしれないのに。
 
 
 
あの人がいたから助けられた。
あの人がいたから成長できた。
そう思ってても、
遠くにいってしまったら、もう言えないんです。

 
 
「あの時言えば良かったのに言えなかった感謝の気持ち」って、
言わないと
「胸を締め付ける後悔の気持ち」に変わってしまうんですね。
「ありがとう」って思ってるイイコトのはずなのに。

 
 
 

なんで言えなかったんだろう、って考えました。
 
そいで、気づきました。
いつも言ってない人に感謝の気持ちを言うのには、
実はとても「勇気」が要る、ってことを。

 
 

相手はきっと分かってるなんてのは、甘え。
恥ずかしさを隠すための自分への言い訳。

 
 
まずは自分が言わなきゃならんのですよね。
 

友達、両親、夫婦、先生、先輩、同僚、ペット。

 
 
 
いま目の前にいるその人に、
小さな勇気を持って、
いま言わなきゃならんのです。

 

 



 
—————————
★株式会社ユニイク | 誰もが誰かに喜ばれる世界をつくる会社
http://uniek-jp.com/
★お祝い事で社会貢献をしよう
http://uniek-jp.com/140928
—————————