営業として最も大事にしていたこと

楽天の営業として最も大事にしていたこと

 
 

「1時間の商談を終えて『相手』がどのような顔になっているかだけを想像し、準備して、臨む。」

 
『自分』に何が得られるかは考えない。
 

相手の顔が笑顔なのか、納得した顔なのか。

 

相手の顔がそうなるにはどうしたらいいかをとことん考える。
そのために準備をする。