フランスの教育事情

フランスの体育教育事情

 

毎週水曜日は体育デー

フランスでは毎週水曜日は、授業が午前中のみで終了します。午後は地域のスポーツ教室に行き、午後中スポーツをします。
日本とは異なり、学校の中で、1コマ分の体育の時間が設けられているわけではありません。ただ、季節に合わせて、夏は水泳、冬はスキーなど幅広いスポーツを経験することができます。この体育教育の良いところは、時間の制限がないところと、自分の才能、経験にあわせてスポーツを楽しむことが出来る点だということです。

 

長い休み

毎年9月から新学期が始まり、秋休み、クリスマス、冬休み、春休みとそれぞれ2週間の休みがあります。また、学年の終わる7月はじめから次の学年が始まる9月はじめまでなんと2ヶ月の夏休みになります。
授業についてもゆとりがあり、週に5日(月~金)では通常ですが、毎週水曜日は午前中だけの半日授業です。

前の記事

アイルランドの教育事情

次の記事

ドイツの教育事情