インドの教育事情

インド式教育法

 
インドでは,教育は中央政府と州政府が共同で実施することになっていて就学年数などは州により少しずつ違います。基本的には、ハードルを上げて、子供の脳が柔らかいうちに伸ばそうとする教育です。

 

高い数学的能力の源泉

[dt_code]
毎年進級テストがあり、基準点に満たない場合は留年。
日本では7歳で覚える九九を5歳で覚えさせています。
インドでは掛け算は12までに覚え、プログラミングは12歳から教えています。
[/dt_code]

 

アセンブリー

[dt_code]
授業開始前に児童が最近の出来事、ニュース、自分の考えなどを発表する「アセンブリー」というカリキュラムがあり、人前でのスピーチすることを子どものころから実践しています。

[/dt_code]
 

中等学校2年生と上級中等学校(高校)2年生のときに全国共通テストが行われます。このテストの結果は,その後の進路が決まるため、一生懸命勉強します。
 
 


—————————
★株式会社ユニイク | 誰もが誰かに喜ばれる世界をつくる会社
http://uniek-jp.com/
★お祝い事で社会貢献をしよう
http://uniek-jp.com/140928
—————————

次の記事

マレーシアの教育事情