ラジオ体操を習慣化できた2つの方法

朝晩のラジオ体操とストレッチを習慣化できた2つの方法

 
運動をする方が健康に良いとわかっていても、つい億劫に感じたり、忘れてしまったりして、三日坊主になりがちでした。ところが毎日の食事や歯磨き、家事などのように、やって当たり前の事として日常に組み込んでしまえば習慣化できることに気づきました。

 

(1)タイミングを決めてしまう

[dt_code]
食事をした後に歯磨きをするのと同じです。食事前の腹ごなしとして朝食前に行うと決めています。血流が良くなり、眠っていた胃も適度に動き出し、おいしく朝食をいただけます。夜は入浴前に行います。入浴後の方が体が温まっているため効果的とも聞きますが、汗をかいたらお風呂で洗い流したいので、入浴前と決めています。
[/dt_code]

 

(2)自分に合うことだけする

[dt_code]
さぼってしまうのは、やっても気持ち良くないことだから。気持ち良くないということは、自分に合っていない、必要としていないということだと思います。合っていれば、気持ち良いことなので、がんばらなくても続けられます。実際、がんばっているつもりはまったくありません。自分がやりたくてやっています。今では、やらないとむしろ気持ち悪いと感じるまでになりました。
[/dt_code]

(40代・女性より)

 

いかがでしたでしょうか。
自分なりのやり方を確立出来るまでは重要ですね。