吉田松陰の教育論

吉田松陰の教育論

髙杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文らを輩出した私塾「松下村塾」での教えは現代に通じるものがある。

 

吉田松陰の教育論

  • 世のため人のため、自分のために尽くす
  • 誰でも褒めて認めて喜ばせ、悪いことや欠点は指摘しない
  • 長所伸展をして、できるだけ短所にはさわらない
  • 相手を好きになって、その人のために全力を尽くす
  • 自分や周りの人の長所だけを見て、自信をつける。だが、自慢はなるべくしない
  • いいと思うことは直ぐにやり、悪いことは直ぐにやめる
  • プラス発想して、どんなことでもうまくいくと信じる

 

吉田松陰の教育の特徴

  • 年齢は気にせずこどもも大人も共に議論させた
  • 教え子を「諸友」と呼び、教師との間に上下関係を設けなかった
  • 人は皆「師」とした
  • 勉強は継続することに意義があるとした
  • とことん褒めることで「やる気」を引き出した

次の記事

蜷川家の家訓