「あること」と「ないこと」の話

あることとないことの話

 
ちょっと長いんですけど、自分が良い方向に変われた話です
 

みんな「あること」のほうをたくさん持っている

[dt_code]

以前にも増して、自分とお客さんを幸せにできるという自信を持てています。
決して奢って言ってるんではないんです、ただ考え方を変えただけで良い結果が出るようになったんです。
 
 
 
むかし、すごくたくさん「ダサいよ!」「足りねえよ!」「走れよ!」って言われました。
 
見下されたり、昇格・昇級できなかったり、フラれたり、認めてもらえなかったりしたとき、いつも「もっと努力しなきゃ」と思っていました。
 
 
 
この「不幸」が起こるのは、きっと私に「足りないこと」があるからだ、と。
 
 
 

その時の「ツライ気持ち」や「イヤな気持ち」が強ければ強いほど、
それを思い出さなくていいように、土日に仕事、夜間も勉強!楽天で営業の仕事をしながら、ビジネススクール2校同時に通っていることがありました。
 
頭から意識を振り払うかのようにがむしゃらに走っていたのです。

 
 
まあ、心理学的には「昇華」というので、いいことではあるそうです。
 
※昇華※
社会的に実現不可能な目標・葛藤や満たす事が出来ない欲求から、別のより高度で社会に認められる目標に目を向け、その実現によって自己実現を図ろうとすること。
 
 
 

でも、
その時の私は自分の足りないこと、「ないこと」にフォーカスしていた。
売上が足りない、人脈が足りない、能力が足りない、お金が足りない。
 
 

「ないこと」を持っている人を妬ましく思いました(羨望、からの、嫉妬)。持っている人から「君、イケてるね!」って言われても「ほんまに思ってんのかい。」って、心の中で思いました(疑い、からの、怒り)。
 
 

100あるうちの20の「ないこと」に意識を向けて、
100あるうちの80の「あること」には見向きもしてませんでした。
 
 
 

何回も「死んだろうかな」「その方が楽かな」って思った。

 
 
 

絶望したある時、自分に「ないこと」が存在することを認めた。
いや、認めてない、、半ば「あきらめた」(笑)。「あ、俺、ダメだ」って。
 
 
 
 

そして、自分の「あること」にフォーカスをして、昔を思い出しました。
 
 
 
「自分は今までたくさんの感謝を得てきたじゃないか」
「自分は今までたくさんの幸せを作ってきたじゃないか」と。
 
 
 
そこにはずっと自信があったから。

 
 
そしたら、「結果」が出るようになりました。
それまでよりたくさんの「感謝」と「幸せ」が作れるようになった。
 
 
 
 

何でかは分からないです。
 
ただ、
自分の「あること」に目を向けて、全部思い出して、言語化した。
そして、人に話してみた。
そして、自分に「あること」を使って出来ることを全部やってみた。
 
 

そしたら、全てが結果に繋がってきたんです。
 
 
 
 

まあ、今この瞬間も何かを振り払うかのように仕事をしています。「ないこと」が気になって仕方ないから。私は「ないものねだり」の「戦士体質」。クセは簡単に抜ける訳がない。
 
 

でもいまは「あること」にフォーカスして生きています。
 
 
 
 

私と同じように、自分の「ないこと」とともに生活している人、たくさんいると思います。
 
 
 
 
まだ良く分かんないですけど、きっと
本当に「自分」と「誰か」の幸せを作ってあげたいと、マジで本気で心から思うのであれば、
まず今の自分に「それで、イインダヨ」って本気で声に出して言ってあげる。「今まで出来たことたくさんあるよね」って笑いながら思い出してみる。出来ればちょっと泣いてみる。で、ちゃんと言語化して、それを全部「自分」と「誰か」のために使ってあげる。
 
 
 
そしたら、きっと結果が出ます。良い結果が。
きっとみんな「あること」のほうをたくさん持っているはずだから。

[/dt_code]