ナビゲーション考察 その1

ナビゲーション考察 その1

 
今日はナビゲーションについてです。
 
ナビゲーションとは、お客様がほしい商品がすぐ見つかりやすくする案内のこと、ですが、当たり前のことを確認します。
 
 
カテゴリーページを律儀に商品別にカテゴリーわけしているだけの店舗様をよく見かけます。
 
商品を「分類」しているわけですね。
 
 
 
お客様がその商品を既に知っていて探しに来ているだけならすぐ見つけられますので問題ないですが、
今日お伝えするお店はちょっと違います♪

 

お客様のアタマの中から考える

[dt_code]
東西南北屋
http://www.rakuten.ne.jp/gold/touzai/
 
 
 

カバン類を売っておられる店舗様です。
 
 
カテゴリーの分け方が、
 
A4 手持ちブリーフ
A4 2WAYブリーフ
A4 3WAYブリーフ
B4 手持ちブリーフ
B4 2WAYブリーフ
B4 3WAYブリーフ
1~3泊~/50L
4泊~1週間/60L
1週間~10日/70L・80L
10日~滞在用/90L・100L
機内持ち込み可能サイズ
 
などに分かれています。
 
 
 
「ああ、そんなことか。普通じゃん。」と思いましたか?
まあ、そうなのですが(笑)、大事なポイントは【考え方】ですよね。

 
 
 
お客様は「トートバッグ」を探しているわけではないですよね。
 
「PCを持ち運ぶからA4サイズが入るカバンないかな?」
「7日間の旅行に行くからたっぷり入るカバンはないかな?」
「公園に持っていけるバックってないかな?」

ほしい場面があって欲しい用途があるから、そういったアタマの中になっているはずですよね。
 
 

お客様の頭の中の欲求からカテゴリー分けをしていく必要があるわけですね。

[/dt_code]

 
今日は以上です。