筋トレが続く3つの方法

筋トレが続く3つの方法

 

体力を消費するため面倒という気持ちが大きくなってしまうため、以前は習慣に出来ませんでしたが、小さな積み重ねによる成長を身をもって体感できるためモチベーションを維持すると、習慣に出来ました。

 

(1)スケジュール化する

[dt_code]
取り組む筋トレのスケジュールをしっかりと決めることでより早く効果的に「習慣」の一つになります。
[/dt_code]

 

(2)負担を重くしすぎない

[dt_code]
複数の部位が筋肉痛になると治るまで筋トレできなくなるためその間にやる気がなくなってしまう可能性があります。今日はこの部位のトレーニングをして明日はこっちの部位のトレーニングをするというように一つの部位が筋肉痛になっても影響がない順番・スケジュールで行うことが大切です。例えば、腹筋が筋肉痛のときに腕の筋トレをすると腹筋にも力が入り痛いので、腹筋と腕であれば、腕→腹筋 の順番で行います。
[/dt_code]

 

(3)決して無理をしない

[dt_code]
苦痛を感じるまでやってしまうと続かないので、楽しい・心地良い・この程度なら続けられると感じるところでその日はやめておくことが大切です。筋肉量が増えていくに連れてその基準も引き上がっていくので着実に効果が出てきます。
[/dt_code]

 
(30代・男性より)
 

いかがでしたでしょうか。
参考になりましたか?

—————————
★株式会社ユニイク | 誰もが誰かに喜ばれる世界をつくる会社
http://uniek-jp.com/
★お祝い事で社会貢献をしよう
http://uniek-jp.com/140928/
—————————