喜び体質に変わる6つの方法

喜び体質に変わる6つの方法

 

(1)今の自分と向き合おう

[dt_code]
今、自分がどんな状況にあれ生活を喜びで満たすのはそう難しいことではありません。まずは何が不満なのか、どうして不満なのか、原因は何か書き出してみてください。そうすることで心の整理の手助けになります。
[/dt_code]

 

(2)他人のせいにするのはやめよう

[dt_code]
喜び溢れた生活に変えるためには人のせいにするのはないほうがいいですね。問題の原因を他人に擦ってすり替えるのはとても楽ですが、そのままでは問題を乗り越えることも、克服することもできません。例えば、上司や同僚の性格が最悪でも、その人たちでさえ文句が言えない努力をすればいいだけですし、そんな姿を見て他の誰かは考えさせられているはずです。文句は言いたくなりますがその前に他人のせいにするのをやめてみましょう。
[/dt_code]

 

(3)他人を羨む必要はない

[dt_code]
成功した人はもちろん、周りの友達も羨むのはやめよう!自分と他人と比べ悲観するなんて元々ナンセンス!人にも光るところがあるように自分にも必ずあります。喜びは自信を持つことでも湧くものです。美人でも片付けベタで家がゴミだらけかもしれないし、地味でもお金の管理に長けてるかもしれない。人は人、今の自分に堂々と胸を張ろう!
[/dt_code]

 

(4)自分には無理と言わない

[dt_code]
人間の可能性は無限大。だから自分にできる、自分の才能を伸ばせば生活に喜びを見いだせるのです。それを、無理と行った時点で全てが終わります。
無理と決めつけた時点で限界になるのです。特に目に見える才能でなくても、家事でもお年寄りの話を聞くでも根気があるでも全部素晴らしい才能です。
それをみつけ、認める方が無理というより価値あることなのだから。
[/dt_code]

 

(5)苦しい時は試練だと思おう

[dt_code]
それでも日々生活していれば、何故こんなことに・・と思うときもあるでしょう。そんなときも、今自分がみんなから文句を言われてるのは次にいい仕事をするための試練なのだ!これを乗り切れば自分は1歩、人として前進できる!と思えば、必ずいいことがやってきて喜びに満たされます。試練も喜んで受け止められるように意識することで喜びを引き寄せる力も強くなるのです。
[/dt_code]

 

(6)自分にもご褒美を

[dt_code]
少しずつでも自分を変える努力をし、意識して頑張ったなら自分にもご褒美をあげましょう。欲しかったものを思い切って買うとかプチセレブな外食とか旅行もいいです。喜びを得るためにがんばったことを形にしてみるのもいい方法です。喜びという抽象てきなものを具体化することで、自信を喜び体質に変えられるからです。
[/dt_code]

 

いかがでしたでしょうか。
自分と静かに向き合う時間をとってゆっくり考えることから始めてみましょう