自分の興味を知る4つのステップ

自分の興味を知る4つのステップ

 

(1)自分の好きなものを知る

[dt_code]
まずは自分の好きなものが何かを考えてみましょう。一つだけではなく、いくつか挙げられるとなお良いでしょう。すぐに出てこない人は、そのことを考えているとわくわくするものを見つけてみてください。
[/dt_code]

 

(2)自分が好きなものの共通点を見つける

[dt_code]
自分の好きなものがわかったら、それぞれの共通点を見つけてみましょう。例えば、「花」と「ペット」が好きな人の共通点は育てること、というようにどこかに共通点があるはずです。それがわかると、数珠つなぎのように自分がどのようなものに興味をもつのかがわかってきます。
[/dt_code]

 

(3)同じ趣味の仲間を探す

[dt_code]
自分と同じものが好きなひとは、自ずと興味を示すものが同じです。音楽が好きな人ならコンサートで、美術が好きな人なら美術館で、自分と同じものが好きな人を探してみてください。同じものが好きな人同士は共通の話題で話すことができるため、会話も盛り上がります。その人がまた新しい面白いものを教えてくれるかもしれませんし、あなたの好きなことをきっと相手も気に入ってくれるはずです。
[/dt_code]

 

(4)好きなもののスペシャリストにならなくてもいい

[dt_code]
興味をもったものでも、それに詳しい人がいるとわたしなんてまだまだ・・・と好きになるのをやめてしまいがち。好きになるのなんて順番はありません。あなたはあなたなりにそのものの良さを探し出せばいいのです。きっとあなたにしか見つけ出せない価値があります。それが好きだという気持ちを大切にしてくださいね。
[/dt_code]

 

いかがでしたでしょうか。
自分の感情にふたをせず素直になることが肝要ですね。でも忘れちゃってますからね、思い出す練習がいりますね♪