アメリカのサイト考察その1

アメリカのサイト考察その1

 
今日は海外サイトからサイト構築を学んでみましょう。 
まず、お客様の買い方には3つありますから確認です。 
  
1)目的買い 
2)関連購入 
3)衝動買い 
  
ですね。 
  
※ここでの衝動買いは最初に買おうと思っていた商品ではないものを買ってしまうこと、と定義します。 
お客様に上手にアプローチしているアメリカのサイトがあります。

 

クレイト・アンド・バレル

[dt_code]

 
Crate & Barrel(クレイト・アンド・バレル) 
http://www.crateandbarrel.com/ 
  
クレイト・アンド・バレルは、1962年創業のイリノイ州のを根拠地とする家具・日用品・ホームアクセサリーを専門に販売する小売チェーン店。アメリカ全土に145の店舗があります。全米で非常に人気のあるインテリアショップで、キッチン小物、食器、インテリア雑貨、家具が充実しています。  

ちなみにこのECサイト、 まずサイトに初めて訪れると「どこの国からですか?」と問うポップアップ画面が開きます。「JAPAN」と登録するとその後は商品価格が日本円での表示になります。  
さて、 ある商品ページです。 
  
ルクルーゼ ステンレスフライパン 
http://www.crateandbarrel.com/le-creuset-stainless-steel-nonstick-frypans/f41436 
   

[/dt_code]

 

お客様の3つの買い方に即している

[dt_code]

<1>指名買いへの訴求 
 
商品ページを下に下がっていただくとすぐに直径の大きさが違う商材が出てきます。このステンレスフライパンを【指名買い】で買いに来た人にサイズ違いの提案をしているわけですね。わざわざ他のページに飛んで他のサイズを探しに行く必要がないので便利ですね♪   

<2>関連購入への訴求 
 
その下に下りていくと「More Items」という関連商材が出てきますフライパンを買う人にナベやセットを薦めています。【関連性の高い商品】を見せて訴求しているわけですね。   

<3>衝動買いへの訴求 
 
そのさらに下には 「Customers Also Viewed」、つまり 「他のお客様はこんなものも見てますよ!」というオススメ商品が出てきます。違うメーカーのフライパンがたくさん出ていますね。こんなデザインのものもあるんだ! とつい他のフライパンも見てみたくなってしまいます。場合によってはそっちを買ってしまうかもしれないですね。
   

さらに下には 
「Our Desigeners Recommend=「ウチのデザイナーのオススメはコチラ!」、  

「Customers Also Bought」=「他のお客様はこんなものも買ってます!」  

「Related Products」=「オススメ商品」  
と続きます。

   
ここまで近しい商品が並んでいるとついつい見てしまっていつの間にか何か買ってしまいそうですね★
   
クレイト・アンド・バレルは
amazonのようにシステムでこうした商材を出しているはずですが、
楽天内でもリンクタグを組むなどしてこうしたリコメンドはつけていきたいものです。

[/dt_code]

 
今日は以上です。

前の記事

集団知を上手に生かす

次の記事

アメリカのサイト考察その2